腰痛に本当に効果あるの?モットンが怪しいと言われる5つの原因と真実

2015年の春頃から、腰痛に良いマットレスとして有名になってきたモットン。

 

高反発マットレスのランキングサイト、おススメマットレスのランキングサイト、腰痛に良いマットレスのランキングサイトなど、マットレスランキングサイトでは軒並み高評価を受けてます。

 

いや、実際ほとんどのサイトでは人気ランキング1位として紹介されていて、モットン公式サイトでもそのことをアピールしてますね。。。
モットンランキング

 

モットンよりももっと前に発売されていた雲のやすらぎ、そして高反発マットレスとしては確固たるブランドを築いたマニフレックスよりも今やネットでは大人気の状態です。

 

ただ、その陰でモットンは怪しいという声も上がっています。

 

実際に私はモットンを使ってみたんですが結構いいマットレスだと思ってますが、今回はモットンが怪しいと言われる最大の原因について掘り下げて解説してみたいと思います!

 

 

2chやYahoo知恵袋、その他のサイトで「モットンが怪しい」と主張する人たちの書き込みや主張を見ていくと以下の5つに集約されます。

 

モットンの返金保証が怪しい?
モットンの耐久性が怪しい?
モットンの腰痛効果が怪しい?
モットンが販売方法が怪しい?
モットンの製造国が怪しい?

モットンの返金保証が怪しい?

まず、モットンが怪しいと言われてる原因として挙げられるのが返金保証。

 

実際、2015年ころにモットンがマットレスで有名になった理由として寝具業界では初の返金保証を付けたこと。

 

モットンの返金保証に関する具体的なルールはシンプルです。

 

モットン返品

 

  • モットンを購入してご自宅に到着したその日からカウントして90日間使い続けること、
  • 90日間使い続けてみても腰痛が良くならなかったり、体に合わないと感じたら14日以内に返品手続きをすること
  • モットンのマットレス本体とカバー、保証書の3点セットを返品すること

これだけ。

 

「マットレスに返金保証なんて聞いたことがないけど、本当かよ?!」
という意見は当時から色々出てました。

 

ただ、今となってはモットンと同じように100日間使ってみてとか、なぜか90日間使ってみてという同じような返金保証期間を設けて販売するマットレスも増えてきましたね。

 

 

ちなみにモットンと同じように返金保証を付けてるマットレスは雲のやすらぎ、エイプマンパッド、他にもあるかと思いますが有名どころはこんな感じ。

 

 

では、実際にモットンの返金保証はルールに従えば本当なのか?
という疑問についてはもちろんYes。

 

モットンの販売会社であるモットンジャパンにも問い合わせして確認してます。
というより、返金手続きを受け付けてくれなかったら法律違反で摘発されますので。

 

 

これだけ有名になったマットレスなので普通に考えてそんなリスクは取りません。

 

もしあなたがネットで化粧品(女性の場合)や健康サプリを購入したことがあるなら返金保証は見たことがあるかと思います。
今はネット通販で販売する場合はユーザーが実際に試すことが出来ないので返金保証制度は基本になってますよ。

 

私はモットンが体に合ったので返金保証を使ったことがないのですが、実際に体に合わなくて返金した人は少数ですがいるようです。

モットンの耐久性が怪しい?

次がモットンはそこそこ値段がするくせにすぐにヘタって耐久性が怪しいという声。

 

モットン
余談ですが、、、「このマットレスは使ったことがあるけど結構すぐヘタるよ」という書き込みはモットンだけじゃなくマニフレックス、西川エアー、雲のやすらぎなど高反発マットレスの場合ほぼすべて言われてます。

 

 

耐久性が低いという意見についてはネットでの書き込みはそれほど気にしなくていいと思ってます。
気にしてたら何も購入できなくなるくらい色々なマットレスが色々な場所で耐久性が低いと言われているので。

 

では、モットンの耐久性が低いというのは真実なのか?

 

これは使い方にもよると思いますが、まずモットンのマットレスとしてのスペックの話を簡単に。

 

モットンのようなウレタンフォームのマットレスの耐久性は密度である程度見極めることが出来ます。
マットレスの密度っていうのはどれくらいぎっしりとウレタンが詰まっているのかということで、密度が低いマットレスは凹みやすくなります。

 

密度の目安は30D以上であればそこそこと考えても大丈夫です。
モットンの密度は30Dで問題はありませんよ。

 

 

また、モットンのマットレスの密度ですが自社発表だけだと心もとないのでボーケンという公益法人がチェックしてモノとして公表されてることが重要です。

 

ボーケン

 

その他、マットレスをすぐにダメにしてしまうのは使い方が悪いケース。

 

万年床のように敷きっぱなしにすれば密度が高いマットレスでもヘタリ安くなりますよ。

 

万年床

 

これはモットンに限らずすべてのウレタンフォームのマットレスに共通して言えることです。
マットレスのローテーション(裏表、上下を1か月ごとに使い分ける)、定期的に陰干しするといったメンテナンスは簡単なので面倒がらずにした方がいいですね。

 

私はもうしばらくモットンを使い続けてますが、ローテーションと陰干しをサボりながらも続けてるので歪みも凹みもなく快適に使えてますよ!

 

モットンの腰痛効果が怪しい?

2chなどで「モットンで寝ても腰痛は改善されるわけないでしょ?」と言ってる人も見かけたことがありますが、これは結論から言うと人それぞれ。

 

モットンで腰痛が楽になる、または腰痛が解消される人には前提がありますので。

 

まずあなたの腰痛が寝具が原因であること!

 

寝具が原因で腰痛になる場合のほとんどは寝起きに腰の痛みを感じるかどうか。

 

私も経験しましたが、布団やマットレスが合ってない場合、または体に合ったマットレスを使っていたんだけど何年も使い続けて知らないうちにヘタッたマットレスになって体に合わない場合。

 

で、寝起きの腰痛。。。こんな場合はマットレスが腰痛を楽にしてくれる可能性が大きいです!

 

ただ、寝具関係なくけがやその他の理由で腰痛になった場合はマットレスが腰痛を治してくれることはありません。

 

もちろん腰痛を癒してくれる効果は大いに期待できますけどね。

 

 

その次が体に合わない硬さのマットレスを購入してしまった場合!

柔らかすぎるマットレス、硬すぎるマットレス、どれも腰痛には良くありません。

 

モットンには体に合わせて、もうちょっと具体的に言うとあなたの体重に合わせて3種類の硬さが用意されてるので自分の体重に合った硬さを選ぶことが重要です。

 

体重別に適したマットレスの硬さはモットン公式サイトで掲載されてるので購入前に参考にすることがおススメです。

モットンが楽天やAmazonで販売されてないのが怪しい?

まず、モットンは実際の店舗での販売はされてなくて、購入するなら通販のみです。

 

さらに、モットンはAmazonでは常に在庫なしです。

 

モットンAmazon

 

楽天では時期によって販売しているショップもありますが、常にとんでもない価格で販売されてます。

 

 

価格.comで調べてもAmazonかYahooショッピングのリストが表示されますがこれもほとんど高価格。

 

更に楽天などではモットンの目玉でもある90日間の返金保証もありません。。。

 

 

モットン公式サイトの場合は販売価格が最も安くて、90日間の返金保証もついてるので購入するなら公式サイト以外はあり得ません。

 

「品ぞろえが豊富なAmazon 、楽天で販売されてないのは怪しい」という書き込みがありましたが、これは何が言いたいかというと

 

「レビューの書き込みされることを避けてるんじゃないの?」

 

ということ。
これには色々な意見があるかと思いますが、今やモットンは良い評判も悪い評判もブログ、SNSなどで色々書き込みがあるのでそれほど神経質にならなくて大丈夫ですよ。

 

 

モットン以外にも有名で、Amazonや楽天で販売されてない商品はたくさんありますからね。

 

いや、最近ではAmazon や楽天で購入すると偽物だったりする可能性もあるのでブランド品などを購入する場合はかなり注意するか回避してます。。。

 

 

いずれにしても、モットンは現在Amazonでは在庫切れ、楽天とYahooショッピングでは販売されてるけど公式販売ページと比べるとかなりの高価格かつ90日間の返金保証もないのでいずれにしても公式サイトで購入するのがお得です。

 

あと、モットン公式サイトでは90日間の返金保証だけじゃなくて、マットレスのサイズの交換や硬さの交換も受け付けてくれるサービスを開始していますよ。

モットンの製造国が中国で怪しい?

最後にモットンの製造国が中国であるという事実。

 

私も正直言ってメイドインチャイナはあまり信用が置けないというか…。
でも食品以外はメイドインチャイナの製品は購入してます。

 

というより今の時代日本製のメリットがあまりなくなった気がします。

 

 

気持ちでは日本で製造してくれればいいと思いながら、最終的な判断材料としてはそこまで気にしないというのが本音ですかね。

 

Warm Universe Home Products

ちなみにモットンの製造工場はWarm Universe Home Productsという会社。

 

 

中国の江蘇省経済特区にあるマットレスや枕などの製造を行う結構大きな会社です。

 

アジア、ヨーロッパに向けた輸出をメインとしているらしいですね。
日本で製造するとどうしても人件費のコストが高くなってしまうこともあるし、ヨーロッパで製造すると輸送コストがかかります。
中国でも輸送コストはかかりますが、多分人件費が安く済むんでしょうね。

 

工場で働く職人さんたちの画像が見れましたが結構いい顔してるという意見と怪しいという意見も…。

 

色々な感想はあって自然ですね。

 

ただ、実際に私がモットンを使い続けて中国製ということを感じたかというと当然ですが特に中国の粗悪さは全く感じません。

 

 

まぁ中国製がどうしても嫌だという場合は別として食品以外は製造国については特に気にしないでいいというのが個人的な感想です。

 

いかがでしたでしょうか?
以上が「モットンが怪しい」というネット上での書き込みを集約してまとめた結果です。

 

 

モットンは確かに突っ込まれる部分はあるし、シングルサイズで39,800円とマットレスとしては普通ですが、決して安くない買い物です。

 

また、モットンで寝ても絶対にあなたの腰痛が良くなる保証なんてありません。

 

だから購入は慎重に検討するのが良いと思いますが、今だったら90日間の返金保証もあるのでまずは使ってみてダメだったら返金してもらうという気持ちでもいいかもしれませんね。

 

私のように腰痛が治ったらラッキーで、生活がかなり快適になりますよ!